RAIRYU Project 

我々は人間と世の関係を見直し、再確認する事。そして単なるアートプロジェクトに終わらず、人々のライフスタイルを美化し、心を豊かに、そしてハッピーにする事が目的です。

 

プロジェクトのルーツは一般的な書道の表現方法に物足りなさを感じ、洋画にある様な客観性を書道に取入れれないだろうかと悩んだ事に始まります。

 

結果、象形文字が持っている造形美を最大限に引き出し、使用されている漢字の意味を理解出来なくても、想像力でカバー出来る様に工夫しました。各作品には無数にヒントを散りばめ、各々が実体感を元に、それぞれの作品の理解を深める事が可能になっています。

 

グローバルな書の新しい発展、それが「ネオカリグラフィー 」 。

 

筆のタッチ、線の異なり、画像の繰り返し、輪郭、コントラスト、予想不可能な物体の配置、ユニークで独特な色使いなどを通し、我々は各作品の隠されたテーマをあなたへお伝えします。

 

我々が込める隠された作品の意味を理解する事であなたは深い自己洞察や対象認知の世界を体験し、現実世界に対する心の持ち様を変化させていくでしょう。

ネオカリグラフィー ©

巧みな方法で描かれ、表情豊かで調和のとれた作品は漢字の意味を知らなくても、見た目で内容を理解する事が可能です。

 

ネオカリグラフィーのベースは日本や中国書にあり、これに風景画やポップアート、ストリートアート、グラフィックやグラフィティーなどの要素がプラスされています。もちろん何百年も前からある書道のルーツも受け継ぎました。

 

ネオカリグラフィー作品は集中力と想像力を研ぎ澄ましたユーモアーたっぷりのアーティストセンスにより、この世に生み出されていきます。

RAIRYU 略歴

 1986年  

   ウクライナ生まれ。

 2003年 

 書家森本龍石と出会い、書の勉強を開始。

 2005年 

 「現代日本の書代表作家キエフ展」のオーガナイズを担当。

 2006年 

 日本に移り、書の本格的な勉強を開始。

 キエフのギャラリー「ダビンチ」で森本龍石の個展を総合オーガナイズ。

 ウクライナのアート雑誌企画、ウクライナを代表するアーティスト・デザイナーが作るベネチアンマスクの展示会に3点を出品。

 キエフの日本センターで書道講師として、3年間で500名に書道を教える。

 2010年 

 毎日書道展入選。

 2011年 

 毎日書道展入選。

 キエフで開催された東北大震災バレエチャリティコンサートのポスターデザインを担当。

 2012年 

 キエフで開催された新体操世界選手権のポスターデザインを担当。

 キエフで開催されたジャパンマニアでの森本龍石ブースを総合

プロデュース。

 2014年 

 RAIRYU Projectを設立。

 2015年 

 キエフで開催されたジャパンマニアでネオカリグラフィーアートショーを開催。

 2016年 

   キエフのギャラリー「minus4」で個展。

   キエフ、京都姉妹都市45周年式典行事でネオカリグラフィーアートショーをキエフ歴史博物館で開催。

   キエフの「GRETERA」 アートセンターで個展。

 2017年 

   フメルニツキー州美術館で個展。

   スドコフスキー海絵美術館で個展。

 2018年 

 愛知県でプライベート個展。

 北京でプライベート個展。

 上海でプライベート個展。

 2019年 

 横浜でプライベート個展。

© 2019 All right reserved by RAIRYU  /  www.rairyu.com  

  • Instagram - White Circle
  • Vimeo